おまとめローンの審査が通らなかった人、あるいは審査が通るかどうか不安でまだ行動できない人のために注意点をまとめてみました。

一度おまとめローンの申し込みをして断られた人も諦めずに再度挑戦しましょう。そして完済を目指しましょう!

おまとめローンを受け付けていない金融機関もある

おまとめローンは積極的に受けていない金融機関もあります。そもそもそういうところに申し込むのは時間の無駄ですし個人信用情報に無用の傷をつけてしまいますので注意しましょう。

おまとめローンであることを告げよう

基本的なことですが意外とやっていない人が多いようです。おまとめローンを「しよう」と心に決めて申し込んだとしても消費者金融や銀行にしてみたら、それを告げられないと普通の融資の申込みだと勘違いされてしまいます。当然ですよね。すると、相手から見たら、「あなたは今何社からもお金を借りているのにまだうちから借りようとしていますね。そんな人は返済能力が低いのでうちでは貸せません。」ということで審査が通らない!ということもあります。

しかし、きちんと告げていれば「あなたは何社からも借りていますが、おまとめローンで完済をしたいのですね。できるだけ協力させていただきます」と思われるはずです。

このように、おまとめローンは金融機関では通常の融資とは違う視点で審査されます。特に消費者金融では「貸金業法に基づくおまとめローン」という枠で受付しますから通常の融資とは全く扱いが違うのです。

では、いつ(おまとめローンであることを)告げたらいいのでしょうか?

それは、WEBから申し込んで最初の確認の電話が来たときです。そこで「おまとめローンとして利用したい」と告げましょう。

してはいけない!おまとめローン申し込みでの注意点

おまとめローンは申し込み時点でその目的をきちんと伝えることが大事だと解説させていただきました。次に重要なのは申込みフォームに記入する上での注意点です。よく見られたいがために意外とやってしまいがちな嘘の申告、これくらいバレないだろうと思っていると審査が通らなかった!なんてことになりかねません。そのポイントをみていきましょう。

他社利用件数を少なく申告しない

他社利用件数が多いと審査に通りにくいと思って少なく申告してはいけません。嘘をついても個人信用情報機関を調べれば分かってしまいます。それに、おまとめローンですから、他社利用があって当然です。正直に申告して、すべておまとめローンで借り換えてきれいに整理する、1本化して生活を立て直したいんだという熱意を融資担当者に使えましょう。その方が好印象ですし、相手も人となりをみますから印象も審査に影響してきます。

年収を多めに申告しない

借入金額にもよりますが収入証明書や所得証明、源泉徴収票などの提出を求められるとすぐにバレます。消費者金融では貸金業法の制限で年収の1/3までしか融資できないと言われますが、おまとめローンの場合はその制限は適用されません。また銀行ローンはそもそも貸金業法は関係ないので制限がありません(それぞれの銀行での規定はあります)。ですから年収は正直に申告しましょう。

必要以上のお金を借りない

借入金額は少ない方が審査は通りやすいです。それに一定金額以下なら所得証明書を求められることもなく審査がスムーズです。おまとめローンですから、他社の債務を1本化するのが目的ですから、全部の借金を返済できる金額を希望融資金額にしましょう。必要以上の金額を借りようとして審査で落とされるよりは、率直に借りれる金額を相談してみましょう。きちんと返済していけば信用が付いて次に借りるときは増額可能になるかもしれません。

勤務先は正直に書く

以前勤めていた会社の方が信用度が高そうだからといって、まだ勤めていると嘘をついてしまう人がいます。しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、そんな嘘はすぐに分かってしまいます。虚偽の申告をするとまず審査に通らないと考えましょう。ただ、無職ではお金は貸してくれないと思います。まずは仕事を探して安定収入を得るようにしましょう。

おまとめローンでオススメの金融機関

どこにおまとめローンを申し込めばいいのか分からない人のために、おまとめローンや借り換えを受け付けている金融機関をご紹介します。

消費者金融のおまとめローンは、他社の消費者金融の借り入れしか「おまとめ」できないので注意してください。なお、クレジットカードのキャッシングやショッピング利用の返済分も「おまとめ」したい場合は銀行ローンに申し込んでください。

WEB完結で職場への連絡なし! カードの郵送なし!

限度額 最大1,000万円! 預金連動で計画的な返済が可能に!
東京スター銀行の「おまとめローン」は金利 5.8% ~ 14.8% (保証料を含む)と業界最大級の融資限度額 最高 1,000万円が魅力。おまとめ専門のローンだから安心して相談ができます。「おまとめ」で返済額が減れば(※1)お金に余裕が生まれます。また、預金連動で預金と同額のローン残高に金利がかかりません。いざというときの為ある程度貯金は残しておきたいもの。預金連動は預金が返済と同じ効果が得られます。手続きはネットで簡単!来店不要!
※1 必ずしも軽減されない場合があります。
直近、複数社でローンをお申込頂いた方は、審査に通りづらくなります。
200*200
最短1時間融資も可能!30日間無利息サービス!
おまとめローンご希望の方は、WEBから申込後にオペレーターに相談してください。おまとめ専用なので他社借り入れがあっても気軽に相談できます。ただし、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通にWEBからフリーキャッシングを申し込み他社に一気に返済してしまうのが一番早いです。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットに「おまとめローン」という商品はありませんが、消費者金融の中では比較的金利が低く限度額も高い(金利 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても使えます。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(*1)ので誰にも知られたくない人には好都合です。即日振込(*2)も可能!10秒簡易審査は、少ない入力項目で事前審査の結果が10秒で表示されます!
*1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
*2 即日振込融資は、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。


アコム

融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!
アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

アイフル

審査は最短30分!即日融資も可能!
アイフルは使途自由なカードローンなので、おまとめローンとしても利用可能。金利も比較的低く(4.5%~18.0%)、融資限度額は最高500万円とおまとめ借り換えに余裕です。最短30分で審査結果が分かるのは業界でも最短クラスです。30日間利息0円だからはじめての人にも安心!まずはWEBから「1秒診断」が便利です。申込はネットで完結し申込当日の振込による融資も可能(※1)です。

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

返済計画の立て方

ローンの借り換えで、返済計画の立て方は大きく2つあります。

  • 毎月の返済額を減らしたい
  • 早く完済したい

毎月の返済額を減らしたいというのは、毎月のやりくりが大変なので返済期間は長くても毎月の返済額を減らしたいという場合。この場合、金利が低くなっても返済期間が延びればその分総返済額は増えることもあるので要注意です。

つぎに、早く完済したいという場合は、月の返済額を同じでも金利を低くすることで短い期間で返済するという方法。この場合、結果的に総支払額も減ります。

借り換えのデメリット

借り換えによるおまとめローンのメリットは、

  • 複数のローンを1本化して毎月の返済額を減らす
  • 返済計画が立てやすくなる
  • 返済が毎月1か所なので返済の手間が減る

ということになりますが、デメリットはあるのかというと、多少あります。

その1つは、せっかく借り換えたのに総返済額が増えてしまうことがあります。これは、借り換えのローンを組むときに契約手数料がかかることがあることです。手数料は金融機関によって定額だったり借入額の○%といろいろです。この手数料を足したら総返済額が増えてしまったということがあります。

次に、返済計画のところでも書きましたが、毎月の返済額を減らすために返済期間を延ばした結果、金利は下がっても総返済額が増えてしまうこともあります。それを承知で返済計画を優先するならいいのですが。

おまとめローン、のりかえローンとは何か?

おまとめローンやのりかえローンという言葉を聞いたことのある方も多いと思いますが、実際に利用しない限りはあまりその中身が分からないかも知れないですね。ですが借り入れがある方ならば、一度は検討してみる価値のあるローンなのです。

簡単に言いますと、ある会社からの借り入れを別の会社からの借り入れで返済してしまうのです。もちろん別の会社からの借り入れがありますので、結果的には同じではないか?と思われるかも知れません。しかし違うのです。ポイントは金利にあります。

別の会社の借り入れ、つまりのりかえローンですね。この金利が一般のローンの金利より安くなっているのです。ですから、金利を含めた借金の総額が減ることになるのです。借り入れがある方には見逃せないローンであると御理解いただけると思います。

なお複数の借り入れがある場合、それをのりかえローンで返済すると、形としては返済先が一本化することになります。この場合はおまとめローンと呼ばれることが多いです。もちろん厳密に使い分けているのではありませんので、基本的に同義と考えても良いでしょう。

いずれにしても、特に返済が苦しいという方には負担の軽減ともなりますので、なるべく早めに相談してみましょう。

おまとめローンで人生の立て直しを!

複数社の借金のある方で、毎月の支払いがとても厳しいと思うかたにお勧めなのが「おまとめローン」です。借金を1本化することで、全体としての金利を下げることが出来たり、毎月の支払額を少なくすることが出来ます。

おまとめローンの特徴は借りる側にとって有利な条件が設定されていることです。支払に追われる毎日から解放される方法としては一番良い方法です。

ただ、おまとめローンはどこの金融機関を利用するかによって、審査基準や利息、支払い条件に違いがありますので、検討するなら何社か比較検討して法が良いでしょう。一般的には消費者金融系よりも銀行系の方が審査や条件は厳しいようです。他社からの借り入れ件数があまりにも多い場合や、安定した収入が無ければ勿論審査は通らないのです。また住居が持ち家でなければ借り入れ審査の対象外という銀行も有りますので、必ず確認をしましょう。

おまとめローンは多重債務者にとって支払いが楽になることから、昔のような借金苦から自己破産などの債務整理をすることなく完済を目指すことが出来ます。無理のない返済金額にして、返すために借りると言う繰り返しにならないように、上手におまとめローンを利用し、人生を立て直すのに最適なのです。

おまとめローンのメリットと総量規制

複数の金融機関からの借り入れがある場合にはおまとめローンを利用することができるなら利用すべきです。金融機関ごとに金利が違っていたり、返済日がバラバラであったりしていると返済のうっかり忘れなども起こってしまいがちになってしまいます。返済日を忘れてしまうと、遅延損害金が発生したり、個人信用情報の事故情報に記載されるなど次の借り入れにも不利が生じかねない事態になりかねません。

おまとめローンを利用するメリットは、複数の借り入れを一本化することで金利や返済日も一つにできるのでうっかり忘れをなくしたり、返済金額の把握が容易になります。それに、複数の少額借り入れですと金利も高く設定されている場合が多いのですが、一本化で一社で借り入れが大きくなるので金利が低くなる可能性もあります。

ただし、注意しなければならないのはおまとめローンは借り入れの一本化をするために金額が大きくなるのでその分審査が厳しくなる場合が多いということです。必ずおまとめローンを利用できるとは限らないということです。

おまとめローンの審査が比較的厳しくないといわれている消費者金融はおまとめローンに関しては総量規制の対象にならないので一本化する金額が年収の三分の一以上のであっても審査が通ればおまとめローンを利用することができます。これは総量規制が借りる人の借りすぎを規制することを主眼としているので、おまとめローンのように借りる人のメリットになる商品については総量規制の対象外になるのです。

おまとめローンで債務を一本化すべき理由

キャッシングを複数の金融会社からしている場合は、多重債務という状態になります。そのため、借りている金融会社ごとに返済する必要があり、金融会社のよって金利も違います。多重債務の状態になっていると、借りている金融会社ごとの金利の計算が面倒でいくら借りているか曖昧になりがちです。

そんな時にお薦めしたいのが「おまとめローン」です。

借りているお金を1つにまとめ、一本化することによって金利の計算も簡単になりますし、返済する手間も一箇所に絞り込むことができます。また、現在借りている金融会社よりも金利が安い金融会社に一本化することによって、返済するお金の総額を抑えることもできます。金利が違うと返済する金額が大きく違うものです。

多重債務になってしまう原因の1つとして、キャッシングを高い金利でしてしまうということが考えられます。金利が高いと毎月の返済の大部分を利息分として支払わなければならないので、なかなか元金が減りません。そして完済する前に、またキャッシングをしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

場合によっては返済のためのキャッシングをする自転車操業の状態になってしまうので、早めに債務を一本化することをお薦めします。

キャッシングの審査のポイントについて

キャッシング方法は色々とありますが、どの場合には必ず審査というものが必要です。審査をしてそれに通る事ができないとお金は借りられません。しかし、審査というのはやはり良いものではなく、緊張をしてしまったり、不安に思ってしまうものですよね。特に初めての方の場合には、審査に通れるのかが不安で怖いという気持ちも強いのではないでしょうか。そういった気持ちを少しでも安定させるために、これから審査前に知っておいた方が良い審査のポイントについて紹介します。これらを抑える事で、審査の成功率はあがりますから多少は安心できるのではないでしょうか。

まず審査の前には申込がありますが、この時に記入をきちんとしましょう。記入漏れ、記入ミスなどは審査を長引かせる、または不利にしてしまうなど、良い事がありません。注意をしてください。

また、審査はあまり一度に申し込む事はおすすめできません。生活が困窮していると思われ、返済能力を疑われ不利になる事も少なくないです。そして当然ながら嘘の申告は論外ですので絶対にやめましょう。

これらの事を抑えておけば、審査はそこまで恐れる事はないのではないでしょうか。審査の際には思い出して参考にしてください。

キャッシングでは必ず在籍確認の電話があるのか

キャッシングの申し込みをすると会社に在籍確認の電話がかかってくるとよく言われます。しかし、最近ではコスト削減や審査の迅速化のために在籍確認は原則として実施しないというところも増えています。やはりキャッシングを利用していることを会社に知られたくないと考えている人は多いですから、在籍確認のないキャッシングは魅力的な選択肢のひとつです。

在籍確認を審査のステップから外しているキャッシングは増えていますが、絶対に在籍確認がないキャッシングは存在しない、という点は忘れてはなりません。申し込みの内容に疑問があったり、他社からの借り入れが多く収入の確認をきちんとしておきたいとキャッシング会社が考えた場合は、在籍確認が実施されることがあります。キャッシング会社名で電話がかかってくることはありませんが、在籍確認の可能性があるのはどのキャッシングでも同じなので、ある程度の覚悟はしておいたほうがよいでしょう。

また必ず在籍確認をするキャッシングも存在します。そのようなキャッシングでは、公式サイトの申し込みの流れというページに在籍確認の電話を入れるステップが明記されています。在籍確認をどうしても避けたいという方は、申し込みについての説明をよく読んで在籍確認の有無についてよくチェックしておいてください。

体験談

09/05 郵便物で妻にローンがバレそうに?
カードローンを利用しています。 それほど大きな金額を借りているわけではないのですが、一応妻にはバレたくないので、こっそりないしょでカードローンの申し込みもして、たまにお金が足りなくなった時に利用しています。 基本的には今月の支払いがいくらか、というような明細は基本的にないか、インターネットのサイトで今の借り入れ残高も含めて確認できる場合が多いので、毎月毎月紙で明細がくるということは、カードローンではあまりありません。私が申し込みをしたカードローン会社も、基本的にそういった明細は毎月送るようには...続きを読む
09/05 キャッシングという手軽さに惑わされてしまった私
ちょっとしたきっかけではありましたが、友人に誘われて参加した趣味の会がありました。 趣味とは言っても、自分の作った物を出品してそれがどれだけの評価を受けるかを競うような物でしたので、まず出品する物にお金もかかりますが、参加するのにも費用がかかりました。 どちらにもお金はかかるものの、自分が評価されることにちょっとした快感を感じてしまって、そこからしばらくはハマってしまいました。(1年弱でしたが)そこにお金をつぎ込んでいるうちにキャッシングに手をだしました。 その品評会に参加する...続きを読む
09/05 キャッシングで出張から帰れないかもと言う不安を解消
会社の仕事で急遽、東京への出張があり会社へ出張申請を提出しましたが、仮払いは3日前の申請提出が規則であったので仕方なく新幹線代とホテル代を自費で出張に行く事になりました。 そこで、出張日程が2日伸びたため、毎月、給料ぎりぎりで生活していたので帰りの新幹線代が足らなくなってしまい、初めてキャッシングを利用することにしました。 お金が足りない状態で、会社に連絡するのが恥ずかしく出張延長の1日目の夜に東京で働く大学時代の同級生にお金を借りられないかと相談しましたが、友人もぎりぎりで...続きを読む
09/05 カードローンに頼る際、ご利用は計画的にしましょう
妊娠、育児のために仕事を退職していた際に、主人が部署異動になりました。 部署異動といっても、勤務場所も異なり、通勤が片道二時間かかる場所です。 会社に引っ越しを申し出ると、転勤ではなく異動なので、会社経費では引っ越しできないとの回答でした。 主人は半年間、往復四時間の通勤を頑張ってくれましたが、睡眠不足で体調を崩し、自費で引っ越しする決意をしました。 その際に、主人の病院代と引っ越し費用が足りず、カードローンを利用しました。 引っ越し先が礼金無しの物件とはいえ、引っ越し代...続きを読む
03/09 借りられる金額は年収の一定水準の範囲内まで
キャッシングで借りる事ができる金額は、収入に左右されます。無制限に借りられる訳ではありません。 基本的には、年収の3割までと決められています。例えば現在の年収が300万円の方の場合は、1つの金融会社では少なくとも90万円までに限定される訳です。もちろん91万円以上の借り入れは不可能という事になります。 そして1つの会社だけでなく、別の会社で申し込みをするような時も同様になります。例えばある金融会社Aに申し込みをしたとしましょう。ところが申し込みをする前の段階で、すでに別の金融会社Bで...続きを読む

ページの先頭へ