会社の仕事で急遽、東京への出張があり会社へ出張申請を提出しましたが、仮払いは3日前の申請提出が規則であったので仕方なく新幹線代とホテル代を自費で出張に行く事になりました。

そこで、出張日程が2日伸びたため、毎月、給料ぎりぎりで生活していたので帰りの新幹線代が足らなくなってしまい、初めてキャッシングを利用することにしました。

お金が足りない状態で、会社に連絡するのが恥ずかしく出張延長の1日目の夜に東京で働く大学時代の同級生にお金を借りられないかと相談しましたが、友人もぎりぎりで暮らしていると言う事で、断られました。

その際、ネットでキャッシングできる事を聞き、翌日キャッシングの申請をしました。

申請したのが帰ることになっている日でしたので、本当にお金が借りられるか、帰りの新幹線がある内に振り込まれるのか心配で機が気ではありませんでしたが、出張の日程が全て終わった後、口座を確認してお金が振り込まれているのを確認できた時はほっとしました。

その後、無事帰りの新幹線に乗る事ができました。

私自身、ローンとかキャッシングについては支払いのことが心配で利用するのにチョット度惑いがありました。

しかし私のように急なことでどうしてもお金が必要なときは有ると思いますので、自分に必要な分だけをキャッシングして、無理の無い利用をして行くことで、いざと言うときの助けになると思います。