最初は軽い気持ちで借りて早くに返済するつもりだったのに、気付いたら借金が増えていたり、何社も借り入れをしてしまうことがあります。いつしか自分でもキャッシングでいくら借りているのか把握できないような状況になることもあるものです。

どうしても返せない借金を背負った時、身内に相談して立て替えてもらうという手段もありますがこういう人はまた同じ過ちを繰り返しやすいものです。また誰にも頼ることができない人だっていますね。

返済できない額まで増えてしまったら自己破産しかないのでしょうか?家や車は手放したくないし、出来ることならちゃんと返済してすっきりしたいという人もいますね。自己破産は最終手段として、もっと前向きに返済していきたいという場合には、どんな方法があるのでしょうか。

目次

<自己破産はしたくない> 借金が膨れあがってしまって毎月の給料では返済できなくなったとしたら、自己破産が頭をよぎります。借金がなくなれば今の辛い生活から逃げ出せるし、生活も立て直せますね。ですが同時に自分の資産も手放さなくてはいけなくなりますので、家族がいる場合などには出来ることなら避けたいと思うものです。返済できないような額になったとしても、自己破産をせずに何とかできる場合もあります。前向きに返済していく気持ちがあるのなら、方法はいくらだってあるものです。

<任意整理で借金を減らす> 1つの手段としては任意整理です。任意整理は専門家に間に入ってもらってキャッシング会社と借金についての交渉をして返済方法を計画しなおすものです。任意整理後は金利がゼロ円になることと、毎月の返済額が自分の可能額まで引き下げることができます。場合によっては残債の減額などただしデメリットも当然ながらあり、今後5年間はブラックリストに掲載されることで信用情報が必要な契約ができなくなってしまいます。返済中にお金に困ってしまっても、今度はキャッシングが出来ないということなのです。

自己破産の場合全ての債務も財産も手放すということですが、任意整理の場合自分で整理したい債務を選択することも出来ます。返済できる額のクレジットカードを残すなどの方法も選ぶことは可能です。

<一本化して毎月の負担を減らす> これから結婚をする、子供を出産する、家を建てるなどの計画があってブラックリストに載るのはどうしても避けたいという人でも解決策はあるのでしょうか。そういう人の場合にはまず考えられる方法が、多重債務なら借金を1本化するということです。複数社に借りている場合、借金をまとめるだけでも金利が低くなる可能性が高くなります。また1つにまとめることには色々メリットがあるのです。毎月の返済日が1日だけになることや、月々の支払額を減らすことも出来ます。1本化することで借金が可視化することができるため、自分がいくら借りていて、いつ返済が終わるのかということも分かりやすくなります。

ただしこの方法では返済事故などがないことが前提です。おまとめローンは銀行系にもあり、低金利で選ぶなら銀行系が一番なのですが、信用情報次第では審査に通りません。ですから必ずしもおまとめローンは利用できるとは限らないのです。またおまとめローンにもデメリットがあり、最初に契約した金額を返済していくだけで追加融資が受けられない場合もあります。またお金に困ったら、別の会社でまたキャッシングを利用してしまうかもと不安になるでしょう。

<新たな借金を作らない> おまとめローンが契約できなかったら、もう諦めるしかないのでしょうか。それでも自己破産や任意整理を避けたいという場合には、返済を続けるしかありません。キャッシングで多重債務になってしまうのは、返済がきつくてまた生活に足りないお金を借りてしまうからです。本気で返済したいと思っているのなら、今後はキャッシングに頼らずに生きていくと決意することです。最初はとても辛く苦しいでしょうし、場合によっては生活が立ち行かないということもあるでしょう。でもキャッシングしていた生活というのは何かしら無駄のある生活のはずです。生活全体を見直す良い機会と思うべきなのです。

新たに借りなければ借金は当然ながら減っていきます。そして同時に、返済が終わったキャッシングカードから解約していくのです。持っているとまた甘い考えで借りてしまう日が来るかも知れません。自分自身を戒めるためにも、解約してカードを手放せばすっきりすることができます。

<それでも無理なら?> どの手段でももう限界だと感じた時には、自己破産を選ぶ必要も出てきます。

最終手段もあると分かっていれば、少しは気が楽になるのではないでしょうか。頑張って返済を続けて借金から解放される日もやってくるでしょう。

まとめ

借金が返済できないからと自己破産を選ぶのは簡単かも知れません。ですがその後のリスクを考えると、あまり選びたくはない手段でもあります。前向きに返済する意思を持っているのなら、多重債務になったとしても借金を返済していく方法はいくつかあるのです。自分の借金の額や給料からも自分に合った方法で、借金を減らしていくことを検討してみてくださいね。