急な出費など想定外の事態が発生すると、カードローンの返済が困難になってしまう場合があります。

そんな時に頭を過ぎるのは業者からの過酷な取り立て、そして金融機関から受ける信用の低下でしょう。

では、期日までの返済が出来なくなってしまった場合には、どう対処するのが正解なのでしょうか。

返済が遅延する際に心がけておくべきことに加え、絶対にやってはならないことについても詳しく解説します。

現在返済に困っているという方はもちろん、そうでない方も予備知識として是非ご覧ください。

目次

・まずは業者に連絡を入れる 返済が困難になった場合には、まず業者に電話連絡してその旨を伝えることが第一です。

同じ返済遅延という結果でも、事前連絡の有無は業者への印象を大きく左右することになります。

何も言わずに返済を無視されたとなると、業者から悪印象を持たれるのは当然ですよね。

会社で例えれば無断遅刻や無断欠勤のようなものです。

事前に期日までの返済が出来ないと伝えれば、少なくとも返済の意思は示すことが出来ます。

業者側からも「なぜ返済できないのか」「いつならお金を返せるのか」と考えてくれる訳です。

まずは誠意を伝えることが一番ですから、躊躇わずに電話をかけて真実を伝えましょう。

・返済方法の相談に乗ってもらう 業者に電話をかけた際には、その後の返済方法について相談に乗ってもらいましょう。

仮に期日の数日後になれば返済が出来るということであれば、返済日を具体的に提示します。

過去に遅延の経験が無い場合には、快く返済日時の延期に応じてもらえる可能性があります。

あるいは、利息だけを返済するという選択肢も残されています。

業者は利息を利益としているため、妥協案として業者側からこういった提案をしてくる場合があるのです。

息だけの支払いで済めば、返済額が減り、期日までに返済できる確率も上がります。

元金が減ることはありませんが、利息分だけの支払いが可能であれば打診する価値はあります。

まずはお金を返済したいという意思を示すことが何よりも重要です。

具体的な返済可能日時を示したり、業者が妥協できる条件を引き出すための話し合いを行いましょう。

同じ電話連絡でも、返済できないとだけ伝えるよりも、具体案を提示することで好印象を持たれます。

・新しくお金を借りて返済するのはアリ? 期日までの返済を済ませるための最後の手段になるのが、他の業者からお金を借りて返済に充てる方法です。

こうすることで事故を防げるため、緊急事態から脱出することは可能になります。

ただし、差し迫った問題が一時的に解決できたとしても、将来的に大きなリスクを生む危険性を孕みます。

当然ながら他社からの借金にも利息がかかりますから、月々の返済額の合計金額は上がることになります。

複数の業者からの借金は「多重債務」と呼ばれ、不健全な経済状況に陥ります。

雪だるま式に借金の総額が上がると、結局は数ヶ月後に再び資金繰りに苦労することになるでしょう。

多重債務者はやがて任意整理や自己破産に追い込まれるケースも多く、大きなリスクになります。

・絶対にやってはいけないことって何? 返済が不可能になった場合、絶対にやってはならないのは「業者からの連絡を無視すること」です。

何ら連絡をせずに返済当日を迎え、支払いが出来なければ、業者からは確認の電話がかかってきます。

普通、この段階で即座に業者から厳しい取り立てが行われることはありません。

業者側は「返済日を忘れていないか」「なぜ返済が無かったのか」を確認するために連絡を入れています。

では、それを無視された業者はどう感じ、何を考えるでしょうか?

返済日に支払いが行われず、事前連絡が無く、しかも業者からの連絡に応じない訳です。

それでは「返済する意思が無い」と思われてしまっても仕方がありませんよね。

業者側としては悪質なケースとして捉えますから、債務者への風当たりは強くなります。

催促を無視し続けると、やがて法的な手続きへと移り、社会的信頼を大きく損なう可能性が高まります。

金融業者としては、返済遅延に関する相談は日常的に受けています。

そう特別なことではありませんから、電話を躊躇する必要はありません。

真実を伝えて誠意ある対応を見せることで後々のトラブルを防ぎ、業者との関係を良好に保てるのです。

まとめ

カードローンの返済を期日までに行えない場合には、まず業者側に連絡を入れることが最重要です。

その場で具体的な返済日時や方法を示し、相談に乗ってもらいましょう。

場合によっては利息分だけの支払いだけに応じてもらえるなど、柔軟な対応にも期待が出来ます。

反対に連絡を一切行わず、業者からの電話にも出ないなど逃げの姿勢を見せてはいけません。

返済の意思無しとみなされると、事態は悪化の一途を辿ることになります。

また、別の業者からお金を借りて返済をすることもあまりおすすめ出来ません。

多重債務状態に陥らぬように計画性を持ってお金を借り、無理なく返済できるように心がけましょう。