いくつかの金融機関からお金を借りており、返済に苦労している人は少なくありません。そんなときに助けとなるのが、おまとめローンです。そもそもこのおまとめローンとはどのようなものなのでしょうか?

金利の高い金融機関からお金を借りている場合、たくさんの利息を支払わなければなりません。このような状況は返済を難しくします。そこで金利の低い金融機関からお金を借り、それを借金の返済に当てるようにします。

そうすることで支払う利息は少なくなり、返済が楽になります。このような仕組みのことを、おまとめローンと言います。複数の金融機関から借金をしている場合、新たな借入の申し込みは受け付けられないことがあります。

そのため借金返済を助ける目的でおまとめローンを実施している金融機関を利用する必要があります。幸い、この主のローンを実施している金融機関はそれなりに存在しするために、比較的容易に利用できます。

このように大きなメリットをもたらすおまとめローンですが、気をつけなければ逆に損をしてしまうこともあります。ではおまとめローンを使うべき状況と、そうしないほうが良い状況について見ていくことにしましょう。

おまとめローンを利用するメリット

冒頭でも述べたように、金利のより低い金融機関を利用することになりますので、利息の支払いが楽になります。これはおまとめローンを利用する最大のメリットであると言えます。

また複数の金融機関にお金を返済するのは、何かと面倒です。もしかすると返済日時を混乱してしまい、返済が遅れるといった事態に直面することがあるかもしれません。おまとめローンを利用すると、この点も改善されます。

なぜなら返済先が一つにまとめられるために、どこの金融機関にいつ、そしていくらの額のお金を返済しなければいけないのかという煩わしさから解放されます。おまとめローンの主なメリットはこの2つです。

しかしこれらのメリットは非常に大きく、利用者にとってみればおまとめローンの存在は貴重だと言えます。しかしキャッシングの返済に苦しんでいるからと言って、何も考えずにおまとめローンの利用に踏み切るのは間違えです。

ではおまとめローンの利用に伴う、意外な落とし穴について見ていくことにしましょう。

過払い請求ができなくなる

実のところ、法律では払いすぎた利息を取り戻せるという決まりが設けられています。また払い過ぎていた利息を返済に当てることも可能です。しかしキャッシング利用者の多くは、この正当な権利を利用していません。

なぜならそのような法律が存在することを理解しておらず、金融機関と交わした約束が全てであると思っているからです。そのため利息が多いと感じる人は、法律の専門家に相談することができます。

では利息に関する相談をする前に、おまとめローンを使用するとどうなってしまうのでしょうか?先にも述べたように、おまとめローンとは金利の安い金融機関からお金を借り、借金を返済してしまうことです。

借金を返済してしまうとそこで金融機関との取引が全て成立したこととなり、利息の過払い金の取り戻しが非常に難しくなってしまうのです。もちろん返済後も過払い金返還請求を行うことができます。

しかし全額返済後に過払い金返還請求を行うと、司法書士や弁護士に手続きを依頼しなければなりません。そうなると高額な費用がかかることがあり、せっかく過払い金を取り戻しても大きな出費が生じることになります。

おまとめローンについつい飛びついてしまう前に!

おまとめローンを実施している金融機関を見つけると、ついついそれに飛びついてしまうことがあるかもしれません。しかしそうする前にしっかりとチェックすべき項目があります。それは金利です。

金利が少しでも安いと、返済が非常に楽になると思い込んでしまうかもしれません。そのためすぐに手続きを行い、おまとめローンに乗り換えようと考える人もいます。しかしこのような状況が罠となることもあります。

上記での項でも考えたように、過払い金は返還請求することができます。そのためまずはこの点を考慮し、過払い金があるかどうかを確かめます。もし利息を多く払い過ぎているのであれば、まずは返還申請するべきです。

利息の支払いが適正であり、尚且つ金利の低いおまとめローンを行っている金融機関を見つけた場合のみ、このローンの利用がお得となります。

まとめ

おまとめローンは確かにキャッシングにおける返済を助けてくれます。しかし利用する状況によっては、過払い金の返還を難しくさせることもあるのです。この点はしっかりと覚えておかなければなりません。

法律と聞くと、何となく難しく感じてしまうという人もいます。しかし最近では金融機関の金利に関する法律などを簡単にまとめたウェブサイトなどもあります。そうしたものを見て、必要な知識を得ておくことをおすすめします。

とりあえず自分がこれまで支払ってきた利息が正当なものであるかどうかをチェックしましょう。もしそうでなければ、おまとめローンに踏み切る前に過払い金の返還請求を行うべきです。