カード社会の昨今、クレジットカードを持っていないという大人の方が少ないような社会になってきています。現金を持ち歩かずに買い物が済む事から非常に楽にお買い物を楽しむ事が出来ますよね。

しかし、一方で気づいたら毎月の返済額が凄い事になっていて返済だけで給料がすっ飛んでしまうという経験をしている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなクレジットカードの便利さを感じつつも怖さを体験した方のために、筆者が実体験をもって確信した「クレジットカード」の賢い使い方についてご紹介していきます。確かに使い過ぎは良くないクレジットカードですが、今回の利用方法を実践していただければ毎月の支払額をコントロールしつつ、カード利用のメリットであるポイントが貯まったり、特典を受けられます。

知っているか知らないかで大きく差が出るお金の話ですので、ぜひ最後までじっくりとご覧ください。

読み終えた頃には本当にこれだけ?と逆に驚くかもしれませんよ!

なぜ使いすぎてしまうか考えよう

非常に便利なクレジットカードですが、冒頭説明したように使いすぎると毎月返済に追われる悲惨な状況になります。では、なぜそもそも返済がある事が分かっていながらそれほど使ってしまうのか、そのメカニズムの解明から見ていきましょう。

人は未来を軽視しがち

年始になると新年の目標という事で、「今年こそはこれをやるぞ!」と気合いを込めて目標を定める方は多いかと思います。しかし、大半の方が3日目くらいには目標すら忘れて生活をしていたりするものです。そして、いざやろうと机に座ると面倒くさくなってきて「明日は出来るだろうから、今日は休憩しよう」と言い出します。しかし、自分の胸に手をあてて考えてみて欲しいのですが、そのように明日にやるべきことを伸ばして後からやった記憶はありますか?

恐らく大半の人がそこで終了してしまうかと思います。つまり、人は未来を軽視しがちなのです。一方で目の前の事には直面出来ません。話をクレジットカードに戻すと目の前で「1万円払って」と言われるとウッと来るけど、「1ヶ月後に払って」と言われるとまぁいいかなという気分になるかと思います。実は、ここがクレジットカードの落とし穴なのです。

じゃあ、クレジットカードのからくりも分かったところで、明日から利用を制限してください!はい、これで完結!と言って出来たら何も苦労はありません。多くの方がそうだと分かっていてもやっぱり利用のしやすさから使ってしまうのです。

使っちゃうんだったら使えなくすれば良し!

では、どうすれば良いのかという事なのですが、結論は簡単で「使えなく」すればよいのです。

は?

と思われた方は正常かと思いますが、実はこれが真実です。具体的には1人暮らしをしている方であれば実家にでもカードを送ってしまいましょう。手元にカードがなければ利用する事は出来ません。これで一件落着ですね。

「いやいや、クレジットカードの賢い使い方教えてくれるんじゃないの?」と思った方はまともな方ですね。

確かに私は「クレジットカードの賢い使い方」を教えると言いました。でも、カードが無くては当然日々の生活の中でカードで支払いは出来ません。でも実はこの方法が正解なのです。では、その詳細をご説明していきます。

カードを利用するのは「固定費」のみにする

確かに私はカードを実家に送ってしまって使えなくしてしまえば良いと言いましたが、カードを利用出来なくするのは「変動費」のみの話です。

ん?何の話?

と思われた方のためにもう少し詳しく話をすると、日々の生活の中で私たちは当然、生活費を支払っています。その中には、家賃、携帯代、保険代、食費、衣服費、交際費、交通費など詳細に分ければもっとたくさんの項目があります。そして、これらの費用は全て「変動費」と「固定費」に分ける事が出来ます。

例えば、先ほど挙げた例だと「変動費」は食費、衣服費、交際費、交通費で、「固定費」は家賃、携帯代、保険代となります。毎月費用が変わるのが「変動費」、毎月一定額なのが「固定費」です。勘が良い方はもうお気づきでしょう!そうです、クレジットカードを利用するのを固定費のみにすれば、毎月支払う額を完全にコントロールする事が出来るのです。しかも、固定費は生きていくうえで絶対に支払うものなので無駄使いもありません。

しかも、クレジットカードはその利用が変動費だろうが、固定費だろうが関係なくポイントが貯まります。むしろ、固定費の方が支払う額は大きいのでポイントがたくさん貯まります。そして、変動費に関しては現金やキャッシュカードのみを利用する事で必然的に1ヶ月で利用出来る金額の限度が決まるので、それ以上は利用したくても利用できなくなります。こうすれば面倒な家計簿をつけずとも絶対に利用額を増やせないので1ヶ月の利用額を制限出来ます。作業としては超単純ですが、非常に画期的な方法だと思いませんか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段の生活費を「変動費」と「固定費」とに分けて、そのうちの「固定費」のみの支払いをクレジットカードにするという簡単な作業をするだけで、もう毎月の返済明細におびえる事はありません。

クレジットカードは使い方1つで「ポイントも貯まり」「会員のみの特典を受ける事ができ」「手元に現金がなくても支払いが出来る」魔法のようなカードです。

ただしその便利さゆえに使い方を誤ってしまう人が多いので、それだったら「使えなくすればよい」という斬新かつとてもシンプルな仕組みを作るだけでクレジットカードのメリットだけを享受できるので是非、試してみてください!